【仮想通貨差し押さえ】現金を所有していないから、法律違反し放題男の末路。

42pt   2018-07-12 16:01
アビトラ速報

339cf1c0-s.jpg
1: ばーど ★ 2018/07/12(木) 08:53:52.70 ID:CAP_USER9 兵庫県警交通指導課は11日、駐車違反金の滞納を繰り返した県内在住の男性(59)が所有する仮想通貨約5千円相当を差し押さえたと発表した。警察が仮想通貨を差し押さえたのは全国で初めて。県警によると、昨年4月施行の改正資金決済法で財産価値が認められたことを受け、差し押さえ可能な資産と判断した。
男性は2014年1月~16年7月に4回の駐車違反を繰り返すなどし計9万9700円を滞納している。
差し押さえは10日付。男性は仮想通貨交換会社2社で通貨を所有し、5千円は同日時点のレートという。通貨の種類は公表していない。通常の差し押さえは銀行口座や勤務先の給与、生命保険などが多いが、男性の場合は勤務先が分からず、現金の預貯金もなかった。
差し押さえ債権の履行期限となる7月下旬までに納付がないと、その時点のレートで仮想通貨が現金化され、県警に支払われる。滞納額を上回った場合は差額を男性に返金するという。
7/11(水) 19:41 神戸新聞NEXT https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000012-kobenext-l28

c?ro=1&act=rss&output=no&id=7848399&name
   社会の窓アンテナトップページへ
社会・経済の話題が沢山。