海外「徳仁皇太子様をヴェルサイユ宮殿に招待し、フランスが最上級のもてなしをする!」

66pt   2018-09-14 06:00
世界の憂鬱 海外・韓国の反応


 海外の反応 


フランスが来年即位を控えた日本の徳仁皇太子をヴェルサイユ宮殿に招待し、マークロング大統領が主催する晩餐会を開くなど、手厚く歓待した。

50aefcbc.jpg

エマニュエル・マクロン、フランス大統領は12日夜、日本の徳仁皇太子をパリ近郊のヴェルサイユ宮殿に招待して日本の伝統公演能楽を観覧して、国賓晩餐をともにした。

皇太子は、フランス-日本の国交正常化160周年を迎え、今年フランス全域で開かれる'ジャポニスム2018'行事に参加して両国の友好関係増進を行うために、7日からフランスを国賓訪問中だ。

マクロン大統領は、晩餐の歓迎のあいさつを通じて、「日本国民の繁栄と幸福を願って、両国の緊密な関係がより大きく広がるように願う」「皇太子をヴェルサイユ宮殿に招待したのは、フランスの日本に向けた尊敬と友情を示すもの」と話した。

徳仁皇太子もフランス語で「両国の友好関係をさらに強力に発展させていけると良い」と答えた。

同日の夕食会にマクロン大統領の夫人、ブリジッド・マクロン夫人は出席したが、日本の雅子妃は出席しなかった。

c?ro=1&act=rss&output=no&id=5597388&name
   社会の窓アンテナトップページへ
社会・経済の話題が沢山。