【中央日報】 「北を信じるのか」…韓国議員を当惑させた独外交官の一喝

82pt   2018-12-06 17:35
ます速ch

1: 荒波φ ★ 2018/12/06(木) 09:39:33.19 ID:CAP_USER 欧州を歴訪中、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が英国・ドイツ・フランス首脳に北朝鮮制裁緩和を要求して一刀両断に切り捨られたという便りを聞いた共に民主党の李相ミン(イ・サンミン)議員は欧州の冷遇に激憤した。

「大統領のための弁明」をしたかった彼にチャンスが巡ってきた。ちょうどソウルを訪問した北東アジア担当のドイツ高位外交官が韓独親善協会の代表を務めている李議員に挨拶しに来た。

李議員は彼に遠慮なく問い詰めた。「ドイツは太陽政策援助国ではないのか。文大統領に前向きな言葉掛けの一つもできないのか」。ドイツ外交官の返事は冷たかった。「非核化は欧州連合(EU)の普遍的かつ一貫した要求だ。するべきことをやらない北朝鮮へのムチを横に置くことはできない」。

李議員は逆説で対応した。「制裁を少し緩和すれば北朝鮮も交渉の効用を認めて非核化に出るかもしれないではないか」。ドイツ外交官は反問した。「北朝鮮を信じるのか。国際社会が北朝鮮にだまされたのが1回や2回か。危険な国だ。非核化に進展がないのに制裁緩和はできない」。

閉口した李議員は「それでも平和のためには何でもするべきでは」と言った。ドイツ外交官は冷笑を浮かべて鋭くこう言い放った。「北朝鮮は米国よりも欧州に近い。彼らのミサイルは欧州にとって脅威だ。これ以上申し上げる言葉はない。このあたりで失礼する」。

李議員は怒り心頭だった。今度は欧州でなく政府当局に向かってだった。「欧州の雰囲気がこうであることを知らないわけがない人々がまともに報告もせずに大統領に恥をかかせたということか!」さらに気が遠くなるのは、このような苦言を呈する窓口さえないということだった。

北朝鮮政策を青瓦台(チョンワデ、大統領府)が独占して与党重鎮議員さえも入り込む隙間がないためだった。朴槿恵(パク・クネ)政府時代、大統領は外交部が策定した政策をそのまま使った。今は外交部の口は内部に奥深く入り、青瓦台参謀陣が全権をふるっているような様相だ。

「その問題は『大きい家(青瓦台)』に聞いてくれ」という言葉が外交官の口から普通に出てくる。文大統領が海外に出るたびに事故が相次ぐのはこれと無関係ではないだろう。

韓米同盟の亀裂の兆しも尋常ではない。ジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)は5日、「北朝鮮が約束を守らないので第2回米朝首脳会談をしなければなければならないと考える」と述べた。

「金正恩を1年余り見てきたが、彼自身が言ったことについては必ず約束を守っている」という青瓦台高位関係者の話(先月30日アルゼンチン)とは正面から衝突する。

「韓米間で全く違う立場はない。一体何を根拠にそのような(両国間不協和音という)話をするのか分からない」という文大統領の発言(2日ニュージーランド行きの専用機内での記者懇談会)とも180度違うので開いた口が塞がらない。

ソウルとワシントンの間が乖離兆候は端々に見て取れる。まず鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長とボルトン大統領補佐官の間の通話からして少ない。青瓦台-ホワイトハウス、外交部-国務省、国防部-ペンタゴン、国家情報院-CIA間にチャネルが7~8個同時稼動していた前政権とは非常に異なる。


2018年12月06日09時15分
[? 中央日報/中央日報日本語版]
c?ro=1&act=rss&output=no&id=7563469&name
   社会の窓アンテナトップページへ
社会・経済の話題が沢山。