【日韓】 『反日種族主義』主著者が初めて語る・・・「韓国人は日本に対して絶対不変の敵対的感情を持っている」

86pt   2019-09-11 16:25
ます速ch

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/09/11(水) 12:34:41.64 ID:CAP_USER 韓国で異例のベストセラーとなった『反日種族主義』。その主著者であるソウル大学のイ・ヨンフン元教授が、ソウルの外信記者クラブで会見した。
著書の発売以降、イ元教授がメディアの質問を受けるのは初めての事だ。会見には我々日本メディアを含む外信記者クラブ所属の海外メディアのみが参加した。

『反日種族主義』は、日本による統治や慰安婦問題、いわゆる徴用工問題について、当時の法令解釈や統計データを元に、
韓国での定説をことごとく覆す本だ。近く日本語版も出版される予定で、日本での関心も高い。

ここでは本の詳細は割愛し、会見でイ元教授が何を語ったのか、日本以外の海外メディアが何を聞きたがったのか、
可能な限り詳細にレポートする。

欧米の記者からは、なぜこの本を書いたのかという基本的な質問が飛んだ。

「韓国人は日本に対して強烈な敵対感情を持っている。それは歴史的に受け継いだのだ。多くの韓国人は朝鮮王朝を非常に美しい高尚な人の国だと考えている。
そして非常に不道徳で暴力的な日本帝国主義が入ってきて朝鮮王朝を滅亡させたと考えている」

「これが歴史の本を通じて私たちの幼い世代に教育されている。 そういう歴史教育、歴史意識を持っていては、
決して大韓民国は先進社会、先進国として発展することが出来ないだろう。 なぜなら先進社会・先進政治になるということは隣国との友好的協力関係を前提にするためだ。

会見では、長年韓国で取材を続ける著名なイギリス人ジャーナリストからこんな質問も飛んだ。

Q ドイツは戦争犯罪に対して十分に謝罪したが. 日本はそうではないと考えられる。ドイツはユダヤ人虐殺と第二次世界大戦を勃発させ、
日本は台湾と韓国を植民支配して東アジアで戦争を起こした。両国は似ていると考えるのか?日本の謝罪は充分で補償もしたと考えるのか?

「日本が韓国を支配した35年または40年の間、ジェノサイドに値する犯罪は無かったと考える」
「もちろん3.1運動当時日本の警察が暴力的制圧を行った問題や堤岩里教会問題(>>3・1運動鎮圧の過程で発生した日本軍による住民殺害事件)がある。
ただ、それを意図的に計画されたジェノサイドだとは言いにくい」

「第2次世界大戦の時、韓国は日本と戦争していない。サンフランシスコ条約締結の際も韓国は連合国としての地位を認められることは無かった。
国際的に韓国は合法的に日本帝国に編入された領土と認められた。韓国人は連合国の一員として日本と戦ったという意識から自由になる必要がある」

韓国で頻繁に語られる「ドイツは何度も謝罪したのに日本はまともに謝罪もしない。ドイツを見習え」との批判を、真っ向から否定したのだ。

日本メディアからは、日韓関係の今後についても質問が出た。

「韓日関係は非常に難しい状況に置かれていて、その原因は韓国政府が提供したと考える。 文在寅政府は否認するだろうが、
政府は1965年度に締結した両国関係の基本協約に違反したと考える。 その違反を正当化しており、今の危機的な状況を韓国政府が、
または韓国国民が、韓国政治が今後賢明に解いていかなければなければならない。

また、日本政府も時間を設けて待ち、協力する態勢になっているように見える。難しい問題は韓国内部にある。
私たちは私たちの問題を自ら解決していくべきだと考える」

イ元教授の話はどうしても日本政府寄りに聞こえる。だが専門は経済史学であり、
デオロギーというよりも数十年に及ぶ法令や統計資料、当事者の証言などの学術的な検証を踏まえた主張とも言える。

実は記者会見の大半は「慰安婦問題」に関する質問に充てられていた。長くなったので、慰安婦問題については稿を改めてお伝えする。

【執筆:FNNソウル支局長 渡邊康弘】
c?ro=1&act=rss&output=no&id=7563469&name
   社会の窓アンテナトップページへ
社会・経済の話題が沢山。