韓国人「日本企業の韓国離れ?」“これ以上韓国に投資しにくい”という理由で日本企業が相次いで韓国から離れる動きが目立つ 韓国の反応

67pt   2019-09-15 06:00
世界の憂鬱 海外・韓国の反応


 海外の反応 韓国


日本の旭硝子が「これ以上韓国に投資しにくい」という理由で亀尾工場の撤退を決めたことで、日本企業の「韓国離れ」の動きが目立っている。

旭硝子は2006年、外国人投資企業で、慶尚北道亀尾国家産業団地に入居して土地の無償賃貸と税金減免の恩恵を享受したが、14年ぶりにPDP(プラズマディスプレイパネル)ガラス基板の韓国法人である旭硝子ファインテクノ韓国を整理することにした。

関連・国連「日本の人間ピラミッドは学生を殺す人権侵害だ!」年間8000人の負傷者が出る日本の小·中学校運動会が国連の審査対象に‥ 韓国の反応韓国人「韓国のハングル文字に劣等感を持つ日本、日本がハングルを模倣して作った神代文字をご覧下さい」 韓国の反応【誇らしい】韓国人「日本人は韓国のキムチが大好きだった!」キムチ輸出額が大幅増加、日本がダントツの1位で5600万ドル輸入 韓国の反応
7c968eef.jpg

テレビなどに使われるパネルがLCD(液晶ディスプレー)、OLED(有機発光ダイオード)などで需要が急変し、これ以上韓国でPDP事業を維持するのは難しいという判断が働いた。

旭PDグラス韓国は、工場用地使用契約が2020年1月25日で満了されるだけに、この時まで工場用地を原状復旧するという立場を慶尚北道庁に通報した。外国人投資企業は工場を撤収するためには、工場用地を元通りに戻さなければならない。

旭PDグラス韓国は60億~70億ウォンの費用を投入して2階の建物を取り壊して用地を整理することにした。 これは韓国に進出した他の日本企業にも影響を及ぼすものと見られる。 各種規制も韓国で事業をするうえで障害となっている。

c?ro=1&act=rss&output=no&id=5597388&name
   社会の窓アンテナトップページへ
社会・経済の話題が沢山。