韓国人「日本右翼が慰安婦ドキュメンタリー映画「主戦場」監督を提訴!損害賠償と映画の上映中断を要求!」 韓国の反応

33pt   2019-09-22 09:00
世界の憂鬱 海外・韓国の反応


 海外の反応 韓国


慰安婦問題を扱ったドキュメンタリー映画「主戦場」のミキ・デザキ監督が日本右翼団体の関係者に名誉毀損の訴訟を受けたと日刊紙ニューヨークタイムズ(NYT)が20日(現地時間)伝えた。

関連・日帝強制動員被害者「日本の残忍さは言葉で表現出来ない」「下着だけで炭鉱で動物の様な生活を送った」日本人の残虐行為に世界が涙! 韓国の反応極右竹田恒泰が慰安婦を侮辱!「慰安婦はお金を稼ぐ為に喜んで慰安婦に成った」と慰安婦被害者を嘲弄し議論に 韓国の反応【極悪非道】フィリピン人日本軍慰安婦被害者「日本軍は13∼14歳の少女を慰安婦として連行した」「蛮行を拒否するとムチで暴行され、タバコの火で根性焼きをされた」 【極悪非道】戦犯日本人「10代の朝鮮人女性を騙して連行し慰安婦にした」「一日に数十人の日本軍を相手にさせ苦痛と恥辱を与えた」 韓国の反応
7340307e-s.jpg

日系米国人の出崎監督が演出した主戦場は、慰安婦被害者を支援する活動家や日本の極右人物の声を描いたドキュメンタリー映画だ。

この映画でインタビューに応じた日本右翼5人が訴訟を提起した。彼らは日本政府の最高位層に影響を及ぼしうるグループの一員だと、同紙は説明した。

c?ro=1&act=rss&output=no&id=5597388&name
   社会の窓アンテナトップページへ
社会・経済の話題が沢山。