韓国人「慰安婦少女像に「杭テロ」を行った日本人テロリスト極右鈴木信行が韓国での裁判を欠席!8年間裁判を欠席し続ける‥ 韓国の反応

10pt   2020-03-25 16:00
世界の憂鬱 海外・韓国の反応


 海外の反応 韓国


慰安婦少女像に「杭テロ」を行った容疑で起訴された日本の極右鈴木信行の裁判が25日、1年ぶりに再開されたが、当事者が欠席し、大した進捗なしに終わった。

ソウル中央地裁刑事1単独の朴鎮煥(パク·ジンファン)部長判事は同日、公判を開いたが、鈴木被告は同日も裁判に出なかった。


1e1e3f1f.jpg

彼は2012年6月、ソウル鍾路区の在韓日本大使館前の慰安婦少女像に「竹島は日本の領土」と書かれた杭を縛り、被害者の名誉を毀損して、尹奉吉義士の殉国碑にもこれと似たような「杭テロ」をした疑いで2013年2月に起訴された。

以後、2015年5月、京畿道光州(クァンジュ)にある「分かち合いの家」などに慰安婦被害者を侮辱する少女像の模型と「竹島は日本固有の領土」という日本語が書かれた白杭の模型を国際郵便で送った容疑で2016年4月、追加起訴された。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5597388&name
   社会の窓アンテナトップページへ
社会・経済の話題が沢山。